実話!ノンフィクション!! 身近に起こった笑える出来事暴露中。コメント大歓迎!!!


by sukikaru-cut
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

掛工病とその潜伏期間について

皆さんは「掛工病」なる病をご存知だろうか。

これは静岡県掛川市のとある工業高校にはびこる病で、伝染の心配は全くない。

ただ、同様の環境が考えられる、日本全国の工業高校に類似の症例があるかもしれないが、今のところ調査は進んでいない。

掛川と言えば、この夏「伝説のフォークコンサートの復活」が行われた「つま恋」があり、NHK大河ドラマの山内一豊の舞台ともなったところ。

自然に恵まれたこの地に工業高校がある。
f0065199_1342812.jpg

工業高校・・・一昔前までは男の園(?)だったが、最近は科によってはチラホラと女子が居る。

女子の存在の人数的希少性から、この学校に通うほとんどの女子には彼氏ができる。

他の高校に行っていたら、彼氏は無理でしょ?!って感じの子まで、ほぼ100%の女子に彼氏が居るというのがもっぱらのウワサだ。

女子にしたら天国!パラダイス!桃源郷!なのだ。

それを反せば、男子にとっては「女子不足」という現状。

悲しいかな、電車通学をしていても、掛川は小さな町で、市内の高校はたった3校。目を外に向けようと思っても、そう分母が広がるものでもないようだ。

となると、、、この年頃特有の「彼女が欲しい!」という思い、如いては子孫繁栄の為に、、、少ない中からでも 女子をゲットしたい思いが勝つらしい。

すると必然的に男子達の見る眼は、、、明らかにそのハードルが低くなる。

それは本人の気づかないうちに罹患し、進行する。

校内の女子のみならず、周りの女子全てが光り輝いて見えるのだ。

大抵は在校中、その病に罹り、卒業し大学や社会に出て、世間を知りリハビリを経ることにより完治する。

そう、これが 恐るべき掛工病なのだ。

潜伏期間は個人差があり一概に言えないが、今日新たな症例が発表された。


   *~*~*~*~*~*

昨日の朝、K実が登校する時に、バケラッタさんの三男君とすれ違った。

K実はその日帰宅すると、マミチャンに報告した。

「朝、バケラッタさんちのU矢君に会ったに。

でそのあとメール来ただよぉ。・・・これ~!!」

『制服姿初めてみたよ。可愛いぢゃん☆』

K実も「可愛い」と言われまんざらでもない様子。

が、にやけてるK実にお兄ちゃんのU君が言った。

「まさしく掛工病だら。それにしても潜伏期間長すぎじゃなーい!!」

「ひどいィ↓、お兄ちゃん!!(怒)」 by K実

そう、バケラッタさんちの三男U矢君はこの工業高校の卒業生です。

今年の3月に卒業し、社会人となって8ヶ月。

普通なら時期的に「掛工病」から治り始める患者の多い中、今頃発症した類まれなる症例の報告でした。
f0065199_13215210.jpg
お口にあるのは砂糖まぶした麩菓子です。






 
 
そして何を隠そうU君もこの学校の3年生なのです。。。
[PR]
by sukikaru-cut | 2006-11-29 13:14 | その他