実話!ノンフィクション!! 身近に起こった笑える出来事暴露中。コメント大歓迎!!!


by sukikaru-cut
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

春はあけぼの

春はあけぼの。
やうやう白くなりゆく山際、少しあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。



K実は電話の向こうで枕草子を諳(そら)んじはじめた。

そして4~5年前の事を思い出してマミチャンと私、K実が笑った。

実は国語はあまり得意ではないK実がクラスの暗唱テストで1番抜けしたのだ。

そしてそれにはちゃんと理由があった。

お兄ちゃんとK実は2歳違い。
マミ島家では結構大きくなるまで家族でお風呂に入っていた。

K実が小学校で九九の学習が始まるとお風呂タイムは九九タイムになった。
それは中学生になる頃まで続いていた。
習慣とは恐ろしいものだ・・・

そして、ある時お兄ちゃんが中学生になり暗唱テストがあるからと
お風呂タイムは「春はあけぼの」の練習タイムとなった。

その時だ。

まみちゃんがK実に言った。

「K実、あんたはなかなか覚えられないんだから
 今から勉強しておきなさい。

 2年あれば
 なんとか
 なるから!


マミチャンの指導と
K実の素直な2年間の努力が実を結びクラスでの1位抜けとなった瞬間だった。

f0065199_2333388.jpg

[PR]
by sukikaru-cut | 2008-04-08 02:39 | K実伝説