実話!ノンフィクション!! 身近に起こった笑える出来事暴露中。コメント大歓迎!!!


by sukikaru-cut
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:マミチャンとマミ島家( 149 )

居留守番モード

マミチャンちの電話が壊れました。

不具合を感じながらも、出費を考えるとダマシダマシ使うこと約1週間。

でもさすがに喋ってるうちにひどいノイズ、そして不通に。

マミチャンにとって「電話」は命です。

私との姉妹の架け橋です。

また仕事の上でもFAX付き電話は必需品。

さっそく、家電店を数店梯子し、商品を決めました。

家に持ち帰り、設置。

暫くぶりの新商品は機能も色々あるようです。

そんな機能の中のひとつに

「居留守番モード」が。


マミチャン 「なにぃ、居留守番モードって?意味ワカランらぁ。」

K実 「え?普通に 『只今居留守をしております』 って言うじゃないだ?」

マミチャン&バケラッタさん
    「はぁあああ!!!」


*********************************

ご無沙汰してます。

元気です。

K実も夏休みゼッコーチョー!

またボチボチ、ネタ載せます、

よろしく。
[PR]
by sukikaru-cut | 2008-08-18 18:53 | マミチャンとマミ島家

初体験 《プロローグ》

おはようございます。
ご無沙汰してます。久々の投稿です。

日々のなんでもない様子はこちらでご覧頂けます。
→ 茶ーミーグリーンな生活
静岡西部地域中心の超ローカルなサイトで日記は毎日更新中です。


さて、大学2年生になったU君の同級生に「KK」なる人物が居る。
マミチャンに言わすと
「ゼーッタイお姉ちゃん好みだに!イ~イ男だよ。」

U君達は今体育で「中国武術」を中国人の先生から学んでいる。
その中でも今は「棒術」
160cmの細い棒を振り回しているらしい。

授業が始まる前のこと。
KKはかっこいいだけじゃくて運動神経もバツグン!

その160cmの棒術用の棒を立てて友達に持たせると、
軽々とその上を跳び箱を飛ぶような格好で飛び越えた。

「スゲー、KK!!カッコイー!!」

「こんくらいならUにもできるよ。」

「無理無理無理、ムリ!」

「そうかなぁ。軽いと思うけど。」

「もう1回見せてやぁ!」

そういうと、KKはもう一度やってくれた。。。


つづく

仕事行ってきます。
[PR]
by sukikaru-cut | 2008-06-13 09:29 | マミチャンとマミ島家

アパートに女の子?!

まみちゃんちの長男U君は大学2年生。

静岡のとあるちょっと(かなり)古いアパートにお世話になっている。

U君は人当たりがよく、年配の人とも気軽に話す。

だから大家さんにも可愛がられているようだ。

先日も顔を合わせた時に大家さんが声を掛けてきた。


「こんなボロアパートに居てくれてありがとね。」

U君の住んでるアパートは共同トイレに共同風呂。

その分とても安いんだけど、
今時の子には耐えられない環境で空き部屋が出ているらしい。

「この間からね、ここに住まわせて欲しいって女の子が
 何回も箱菓子持って訪ねてくるの。
 でもウチは今までずっと男の子だけだったし・・・
 あんまり熱心なんで困ってるのよ。」

「いいじゃないっすか!女の子にも入ってもらいましょうよ!
 できたら可愛い子だと尚いいんだけど。」

「そうかしらねぇ。」

「で、どんな子だったんですか?」

「43歳で・・・」




「あの、、、
 43歳って『女の子』って言わないっすよ。。。
 それじゃあウチの母親と一緒じゃないですか。」


U君、残念でした!!
[PR]
by sukikaru-cut | 2008-05-26 02:48 | マミチャンとマミ島家

迷キャップ

マミチャンがうたた寝をしているとK実が

「お母さん、メイクしてイイ?」 と聞いた。

「あん。。。」 眠いので適当に返事をしたマミチャンは・・・

寝たまま、されるがまま、、、

f0065199_7465512.jpg


おめめパッチリになった。
036.gif036.gif036.gif


本物の目を開けるとこんな感じ。

f0065199_7474930.jpg


これを見てK実が言った。

「お母さん、ばかイイに!

 私もこういうまつげになりたい!!」


ってこれまつげじゃないし・・・

明らかにまぶたに描いてあるだけだし・・・

「やっぱいいらあ!こんくらいくっきりはっきしたまつげ!!」

マジで思うなら やってみな、K実。

f0065199_750848.jpg

[PR]
by sukikaru-cut | 2008-02-28 07:51 | マミチャンとマミ島家

必死

どうやらラクダさんが体調を崩しているらしい。

少し前には喘息が芳しくなくて、とうとうタバコをやめた。

その後「煙草止めたらやっぱり体調がいいみたい」って言っていたのも束の間。

風邪を引いたらしい。


少し前には鼻をかんでいた。

そして昨日帰宅したラクダさんは珍しくマスクをしていた。

すっかり声が出なくなっていて、少しずつ咳が出るようになってきた。

かなり体調が悪そう。

でもグループのまとめ役のラクダさんは休めない。

他にも体調不良の人が休むのでその穴埋めをしなくてはいけないから。


責任感のかたまり!!

さすが男っ!!



私がそう言うと、すかさず否定コメントが返ってきた。

「それだけじゃないに決まってるじゃん!!」

今までにすでにいくつかの忘年会をこなし、

この週末にも忘年会が入っているラクダさん。

それもマミチャンがメンバーから判断すると

「今回一番行きたい忘年会だら!」

なるほど、寝込んでマミチャンに「ヤメナ!」って突っ込まれないように・・・

だったのね。

がんばれラクダさん!!
[PR]
by sukikaru-cut | 2007-12-13 09:26 | マミチャンとマミ島家

ポケットマネー

話が前後しますが・・・

K実の修学旅行のとき、papaさんが少しばかりのこづかいを渡しました。

K実はマミチャンが仕事から帰ると言ったそうです。

「papaがおこづかいくれたに。

 お財布から出したもんで、きっとpapaのお小遣いからだと思うだよ。

 だってママ(私)からなら、papaに頼む時きっと封筒に入れておくはずだら?」

ん~、女の子の観察力ってすごいね。

で、まだ続きがある。

「papaのお小遣い減っちゃってママに怒られないかねぇ?」

って私ってどんな人よねぇ・・・

「怒られるわけないら。いいことしてるだもん。」とマミチャン。

「ならいいけどさぁ・・・

 お母さんだったどう?

 お父さんが他のうちの子にそうやってお小遣いやっても怒らん?」

「怒りはしないよお!

 よそんチの子にやる金があるってことはパチンコで儲けたに決まってるだで

 『私にもよこしな!』って言うかな。」

「あはは、お母さんなら本当にやりそうだらぁ。」

どんな親子の会話やネン!!

f0065199_0122820.jpg

[PR]
by sukikaru-cut | 2007-12-11 23:56 | マミチャンとマミ島家

携帯のロック機能

先日島田紳助司会のテレビ番組で「どこからが浮気か」というテーマを取り上げていたとか。

女性から目線の作りだったようですが、残念ながら私は見ませんでした。

上位には「手をつなぐ」とか「彼女の誕生日を一緒に過ごす」
「泊まりで温泉旅行に行く」とかがあったそうですね。

そんな番組を夫婦で見ていたラクダさんとマミチャン。


浮気を疑うきっかけとして「携帯電話にロックが掛かっている」という話が出たとき

ラクダさんはおもむろに自分の携帯を手にし・・・

「そんなのどうやってやるだいなぁ・・・」

と、つぶやいたそうな。。。

マミチャンの耳にちゃんと届いてるよ、ラ・ク・ダさん!!
[PR]
by sukikaru-cut | 2007-11-25 23:47 | マミチャンとマミ島家

れず?

例によってマミチャンと昔話に花が咲いた。


マミチャンは皆さんすでにご存知の通り自他共に認める「しまらー」だ。

ちょっと時間があれば元々安い「しまむらさん」の値札に
更に「値下げ」のシールが貼られるのを期待して度々足を運んでいた。

当然午後の友「バケラッタさん」と同伴だ。


そんな二人の様子が、まさかしまむらの中で噂になっていようとは・・・



ある日しまむらでよく見かけた人がマミチャンの会社に入社してきた。

「もしかしてしまむらにいませんでしたか?」

「あぁ、私もマミ島さんのこと覚えてますよ。」

2人はそんな会話を交わしたのだった。

それからしばらくして彼女と気安く話せるようになった頃
突然聞かされた、ある事実。。。


「しまむらにいる時、いつもマミ島さん達がお二人で来るから・・・
 お店の中で
 『あの二人レズかねぇ』って噂だったんですよ。

 お二人が見えると、何となくどんな会話をしてるか
 聞き耳立てたくなっちゃうんですからぁ。」

「エーーーー!!そうだったの?
 まあ、毎日一緒で、昼間の旦那みたいなもんだけどね。」


私はこの話を聞き、何も考えずに大爆笑した。

楽しいことは分かち合おうと、帰宅したpapaさんにこの話をすると・・・


「ヨカタジャン!」

「何が?」 私には意味不明でした。

「だって、レズってことは
 バケラッタさんがちゃんと女性に見えてたってことだら!」


おぉおおお、なるほどぉ。

納得。。。
[PR]
by sukikaru-cut | 2007-11-11 02:33 | マミチャンとマミ島家

マミチャンの秘密

以前にも書いた。
マミチャンはバケラッタさんと週1カラオケに通う。
すっかり遊びの域を超えている。
音は正確に音符通りの長さを心掛け、ビブラートの程度にも細心の注意を払い、
常に最高得点の更新を狙う。

実はマミチャンの声は喋っている時はさほど気にならないものの
歌うと少ししゃがれていて低い。
だから男性の歌も歌える。
反って女性らしい歌手の歌は高音部で出なくなる。

こうなったのは何年前のことだったか・・・
ノドに違和感を感じ、マミチャンは心配になって医者に行った。

数軒回ったものの、言われたことはどこも同じだった。


まず聞かれるお決まりの質問は・・・

「M島さん、いったい1日にどのくらい喋るんですか?」

この頃はそうですね・・・
充電満タンの電話の子機の充電がなくなる・・・くらいでしょうか。

そして・・・

「お話されている様子からしたら、普通に聴こえますけどねぇ、お声・・・」

「いいえ!裏声がちゃんと出ないです!!」

「はぁ・・・M島さん、歌手なの?」


診断は・・・
ノドにポリープが出来てますね。
 手術すれば治りますが、数日の入院と、全く喋れない日が少し続きます。」

まだまだ小さな子供を2人抱えた身で、入院も無言も無理です。
結局マミチャンはきれいな裏声を捨て、そのまま今に至っているのです。
[PR]
by sukikaru-cut | 2007-11-01 23:48 | マミチャンとマミ島家
25年以上前 恋するマミチャンが私に宛てた手紙。

f0065199_82565.jpg

苦しくも可愛い高校の心の内が書かれています。
便箋の絵も懐かしい!!

そして・・・

25年も前なのに、やっぱりマミチャンはノリ突っ込みの天才でした。
f0065199_8264544.jpg



そして、今の賢い主婦の片鱗も覗かせています。
f0065199_830152.jpg



もう記憶の片隅にもないご本人からのリクエストによりアップしました!
[PR]
by sukikaru-cut | 2007-10-16 08:30 | マミチャンとマミ島家