実話!ノンフィクション!! 身近に起こった笑える出来事暴露中。コメント大歓迎!!!


by sukikaru-cut
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:その他の友達・知人( 84 )

初体験 《実践編》

この話しは先にUPした《プロローグ》から読んでね。


友達のリクエストにお応えして

160cmの棒術用の棒を飛び越えたはずのKKの姿が

消えた。

とっくに着地して、カッコ良くポーズ決めてていいはずのKKが

そこにはいない。


見上げると、、、

棒がケツに刺さり、

棒にケツが刺さり、

棒の先っちょでフリーズしている空中KKの姿がそこにあった。

もしかしたらそれは一瞬の出来事だったのかもしれない。

しかし、みんなの目には空中KKの姿がしっかりと焼きついた。


その内、ドタッ!と落ちてきたKK。

KKは息も詰まりうずくまっていた。

心配し取り囲んだ友達たち。

必死に起き上がり、ケツを押さえ、無言で

KKは体育館の外に飛び出していった。


そして約20分後、KKは心配しているみんなが待つ体育館に

小股でチョコチョコ戻って来た。


「病院行った方がいいら?」

「行かねーし。ゼッタイ行かねーし!」

KKはそう言うと健気に体育の授業に参加した。


ところが、自分がどんなに手抜きをしようとも、

みんなが飛んだり跳ねたりする振動すらアソコに響くようで、

気付くと再びKKはうずくまっていた。


「KK、大丈夫?!」

「もう~、見せてみぃ!!」

KKのケツを優し~くじっくりみんなで観察した。



つづく

明日完結編書きます。
[PR]
by sukikaru-cut | 2008-06-18 23:59 | その他の友達・知人
お店の社長の奥様が、それはそれは可愛らしい方。
いつも忙しく動き回り、あれやこれやと細かく指示する社長を
のらりくらりと上手にかわす。

お客様がいらっしゃらない時は店内にプチプチを潰す音が響き渡る。


先日奥様のとある別の癖を発見した。



親子2代でご利用いただいているお客様のこと。

最近息子さんがご来店されない。

「息子さん元気?子供さんは今何人居るの?」

「それがねぇ、もう4人いるだよ。結婚4年で。」

「日本のためにいいことじゃん。」

そう明るく対応し、気持ちよくお客様をお送りした。


そしてこのお客様がお帰りになった後、私たちの方に向かって

「このままいったら、きっとあの息子さんち 

 子供20人くらいになっちゃうじゃん!

 まだ若いだもん!!すごいねぇ~!!」


そんな事をチョー真顔でおっしゃった。

息子さんはたぶん今23歳24歳。

まぁ、年齢的にありえなくはないけど、、、

でも、「すごいねぇ」なんて言わなくても 普通無理だから、、、

そんな真剣に心配しなくても。。。ねぇ。。。



そしてこの間は、ウチの前の海岸で取れる「ハタミ貝」の話になった。

「それってどんな貝なの?」

「去年頂いたのは幅が8cmくらいありましたよ。

 だから食べでがあるので魚焼きグリルで焼いて

 ちょっとお醤油を垂らして食べたら、チョー美味しいですよ!」

少しの間の後、これまた心配げな表情で奥さんはこう言った。

「やだぁ。味噌汁に入れたら1個しかお椀に盛れんねぇ。」

「いや、、、別に1個じゃなくても。

 それに味噌汁には小さめのものから使ったりするし。。。」


ちなみに・・・
f0065199_849290.jpg

これで4粒入り



そう!奥さんは人の話を勝手にアタマの中で大きく膨らませて膨らませて

最後の妄想の結論のみをポンと仰る。

だから、とっても突拍子も無い発想に思える。

この大げさな解釈は、彼女の特性なのか、年齢的な「おばさま」の特性なのかは

まだ観察中である。
[PR]
by sukikaru-cut | 2008-05-09 09:01 | その他の友達・知人

チラシ

先週の事。

マミチャンの勤め先のお店は新聞広告を入れてあり
お客様でてんてこ舞いしていた。

お客様が多ければ当然店内の品がドンドン減る。

補充したくてもお客様が多くてままならない。

年度替りで、アルバイトの子達もまだまだ戦力になる子が少ない。

そんな状態の中、お店の敷地内にある子会社の社長が店内に入って来た。

この方お店の常務の旦那様。

それを見つけたマネージャーが声を掛けた。

「社長手伝ってって!」

「そんなことしてる暇なんかないわ!オレだってチラシで忙しいだで!!」

「えっ!うっそ~!!
 ありがとうございます。
 何?!みんな頑張ってるもんで振舞ってくれるの?!」



「???

 チラシって寿司じゃないわ!
 コ・ウ・コ・ク!!
 次の広告の準備してるの!!」

f0065199_3121384.jpg

[PR]
by sukikaru-cut | 2008-04-20 03:20 | その他の友達・知人

Topsのチョコケーキ

昨日仕事の合間に専務のオクさまと話をした。

勤め先のお店は毎週水曜日が定休日。

オクさまが言った。

「明日は街に出るんだぁ。

 遠鉄百貨店でTopsが13日・14日限定でチョコケーキ出すって

 チラシで見たから買いに行っちゃう!」

その嬉しそうな表情にかなり美味しいものなんだと察した私はその話にノッタ。

「へぇ、私街なかの情報に疎くて・・・美味しいの、それ?」

「うん。昔たまたま食べた時、すっごく美味しかったの!

 普通チョコケーキって結構黒いじゃん。

 でもあそこのは違うだよ。

 生クリームがた~っぷり入ってるもんで もっと白っぽい感じで。」

「うんうん。」

「私、生クリームが大好きだもんで、

 この生クリームたっぷりのチョコケーキ、すっごい大好きなのっ!!」


「ねぇ、ねぇ奥様。。。

 『私が大好き』ってどうよ?

 バレンタインのプレゼントじゃないわけ?」

「あっ!ホントだぁ!!

 チラシ見た時にはバレンタインだなぁって思ってたけど、、、

 ぜーんぜん忘れてた!

 バレンタインっていうより早く食べたいだよ。」

f0065199_1461785.jpg


私はほとんど買い物に出ないので、まだバレンタインの実感がありません。
パパさんは、土曜日に行った献血ルームでこんなかわいいシール付きで
協力お礼のチョコレートを頂いてきたので、ヨシにしようかなぁ。
パパさん、チョコ大好きだからあればどんどん食べちゃうもん。
買い与えないのも愛情だと思いません?



バレンタイン川柳でやってたのご紹介するね。

   ☆ 夫には 給与に見合う 安いチョコ ☆
   ☆ 義理チョコで つれてしまった どうしよう ☆

[PR]
by sukikaru-cut | 2008-02-13 01:56 | その他の友達・知人

やっちゃんのお帰り

私のいとこの奥さん「やっちゃん」は若くして結婚しました。

学生から会社勤めの経験とかなく結婚し、18歳でお母さんになりました。

若かった いとこ夫婦は頑張って3人の男の子を育てています。



******************



暫く前のこと。

やっちゃんが車の運転にも慣れてきた頃のこと。

やっちゃんは子供達を連れて旦那の実家である
叔父さんの所に遊びに来ていた。

たくさん喋って、たくさん遊んで、さあ帰ろうっていう時刻。

叔母さんは、やっちゃんたちを見送る為に車の所まで出て行った。

子供たちと 「バイバイ」「またおいで」 と別れの言葉を交わした。

が、暫く経っても一向に車が動く気配がない。

子供に窓を開けるよう促し、叔母さんはやっちゃんに声を掛けた。

「どうしたん?」

やっちゃんはシフトを「ドライブ」に入れたり「ニュートラル」に入れたりしながら
応えた。

「お母さん、車、動かないんです!!どうしよう!!」



「やっちゃん、、、




  あのなぁ、、、




  まだ



  エンジン



  掛かっておらんのやろ・・・?」






「あっ!ほんとだ。ヤダ~」

(全員で大爆笑)

お騒がせ致しました。
[PR]
by sukikaru-cut | 2008-01-13 22:47 | その他の友達・知人
私のいとこの奥さん「やっちゃん」は若くして結婚しました。

学生から会社勤めの経験とかなく結婚し、お母さんになりました。

若かった いとこ夫婦は頑張って3人の男の子を育てていました。



結婚当時はまだ運転免許がなかったやっちゃん。

私が住んでいる所に比べればやっちゃんが居る所は都会だけど、

電車の駅は遠いし、旦那の仕事中に子供の用事とかで車が必要になるだろう。

車に乗れた方が便利だということになり、自動車免許を取得しました。



無事免許も手にし、

車も買って、子供の用事での送り迎えが楽になりました。


とある日。

その日は雨。

やっちゃん、マイカーで雨の日運転デビューです。

子供を乗せて目的地に向かう途中、フロントガラスがどんどん曇ってきます。

前が見えなくて、運転が怖いくらいになりました。

やっちゃんは、意を決したように雨の中外に出て・・・

フロントガラスをハンカチでキュッキュ、キュッキュ拭きました。


「あれぇ~、全然曇りが取れないよ。

 どうして???007.gif



「・・・ あのね、おかあさん ・・・

 曇ってるの内側なんだけど・・・」




******************





「って、子供に教えてもらっちゃったんですよぉ。

 あはははは。」

ってお姑さんに楽しそうに話したやっちゃんなのでした。。。
[PR]
by sukikaru-cut | 2008-01-12 01:17 | その他の友達・知人

やっちゃんのお仕事

私のいとこの奥さん「やっちゃん」は若くして結婚しました。

学生から会社勤めの経験とかなく、結婚しお母さんになりました。

若かったいとこ夫婦は頑張って3人の男の子を育てていました。

少し子供達が大きくなり、上の子が高校に入る頃だったろうか。

子供達にお金が掛かるし、昼間の時間が少し空くようになったので

やっちゃんはお仕事をすることにしました。



叔母さん
  「やっちゃん、どんな仕事しとると思う?

   すごいミニスカートはいて

   パチンコ屋でお客にコーヒー運んどるがや!」


そういうと大らかにガハハと笑って
いつもの元気で懐の大きな人柄が前面に出ているものの、
ちょっと不満気な様子もチラリ窺える感じ。

まあねぇ、自宅からそう遠くない場所でお嫁さんが
「萌え~」はねぇ・・・



その後マミチャンがやっちゃんと電話で話した時のこと

  「やっちゃん、パチンコ屋で働いてるだって?」

  「そうなんですよぉ。」

  「ミニスカートはいてるって言ったじゃん。
   私もパチンコ屋で働こうかと思ったときあるけど
   閉店後のお掃除係りがいいかな~って思ったやぁ。」

  「あ~ぁ、お掃除のお仕事もありましたけどぉ、
   どうせなら可愛い服が着たいじゃないですかぁ~。
   子供の同級生の親とか来るとちょっと恥ずかしいだけどね。」


やっぱり、やっちゃんは最強です。
[PR]
by sukikaru-cut | 2008-01-11 02:18 | その他の友達・知人

K実にライバル現る!

1月6日、次男を名古屋の寮まで送って行ったついでに
東海市に住む叔父を訪ねた。

そこで仕入れた叔父の長男のお嫁さん「やっちゃん」ネタが・・・
最強だった。

叔母さんが「やっちゃんがすごいんだわ」
と言いながら話してくれたエピソードから。



やっちゃんは18歳でお母さんになりました。

そこから男の子3人を立派に育てています。

その子供達も長男はすでに大学4年生です。

ちゃんとお母さんしてきたって事だと思います。

たぶん・・・



まずは小手調べのエピソード。



やっちゃんがまだ運転免許を持っていなかった頃。

移動手段はバス。

バスに乗るにはある程度時刻が知りたい。

ということで、叔母さんは自分が使っていた時計を
やっちゃんにプレゼントしたんだって。

が!

その時計は即行「どっかにいっちゃったんです、お母さん。」

「で、バス乗る時困るじゃないですかぁ。

 私、それで、ホラッ!
 
f0065199_11324039.jpg

 目覚まし時計持ち歩いてるんです!!


「はぁ!? やっちゃん。。。すごいねぇ。。。025.gif





K実にライバル出現のヨ・カ・ン!!
[PR]
by sukikaru-cut | 2008-01-09 11:38 | その他の友達・知人

四捨五入

私の誕生月は10月。
とある同級生の誕生月は3月。
今年私の方が半年早く46歳になった。

ある日の会話。

「もう四捨五入で完璧50歳じゃん!」

「はぁ?45歳だって四捨五入したら50歳じゃん!」

そうだけど、『5』って数字は

 一瞬 『捨てるだっけ?上げるだっけ?』って迷うもん。

 でも『6』は間違いなくみんな上げるじゃん。


 だから全然違うの!!」

「なじゃそりゃ!?」

小学校からやり直して来いっ!!

f0065199_049257.jpg

[PR]
by sukikaru-cut | 2007-12-02 23:59 | その他の友達・知人

オススメの洋画は?

久々登場マミチャンの友達「谷啓似」の「谷啓子さん」のお家の話。

20歳の長男君、只今金欠病で仕事を終えると家で過ごすことが多い。
休みも何だかんだと家にいる。
そしてレンタルDVDを楽しむのが、ここのところの定番となっていた。

ある日谷啓子さんに長男君が聞いた。

「お母さん、何かオススメの洋画ない?」

何というタイミング!

谷啓子さん(只今独身)の彼も、今ちょっと前の洋画にハマッテいる。
大画面のテレビを買ったからだ。

それで一緒に観た中でも彼が絶賛していた「レオン」を長男に紹介することにした。


「レオン」なんかいいんじゃない!

「は?」

「レ・オ・ン」

「どういうの?」

「殺し屋の話」

「ふぅ~ん」


それから数日後、谷啓子さんが仕事を終え帰宅すると長男君が言った。

「お母さん言ったの全然面白くなかったに。」

「えーーー、そう?ちゃんとお母さんが言ったの借りてきたけ?」

「うん、『殺し屋物語』だら。」
 
「はぁ?何それ?」


   (大爆笑)


そして洗濯物を畳んでいてくれた娘に言った。

「お兄ちゃん気の毒らだぁ!?
 そんなにいい映画ならみんなも観るだろうって、
 7泊8日で借りてきただってぇ。」

笑いながらそう言うと、娘さんが冷静にこう言った。

「お母さん、7泊8日のDVDを気の毒がるなら、
 このかかとが擦り切れてすっかりアミアミになったお兄ちゃんの靴下の方が
 ずっと気の毒
だと思うんだけど・・・」
[PR]
by sukikaru-cut | 2007-11-14 21:42 | その他の友達・知人