実話!ノンフィクション!! 身近に起こった笑える出来事暴露中。コメント大歓迎!!!


by sukikaru-cut
カレンダー

<   2006年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

いつもありがとうございます




昨日の続き



■第2話 =プラチュウ=■

今取引している運送会社のクレーム係さんは、とっても誠実な方。

彼の仕事の苦労を思うと、こちらの胸が痛くなる気すらする。

そこで聞いた。

「ストレス溜まるでしょ?なんか解消法とか対策はあるの?」

「はい、『セカチュウ』 ならぬ 『プラチュウ』 です!」

「は?」

「トラックに載せる荷を仕分けして置いてある場所をプラットって言うんです。
 電車のプラットホームみたいになってますよね。

 トラックが出た後とか 人がいない時にそこに行って、叫ぶんです。
 とにかくデカイ声を出すだけで スーッとしますよ。」

なるほど~

『プラットの中心でムシャクシャを叫ぶ』 のね。

ご苦労お察し申し上げます。



■第3話 =every day every time=■

「ちゃんと お休みはとれてますか?」

「一応・・・日曜日は休ませて頂いてます。」

「一人暮らしと見受けましたが、ちゃんとご飯食べてますか?」

「はい、一応は。 すぐ近くにいい所がありますから・・・」

「?」

f0065199_1324380.jpg「ボクの食事は 『朝マック』 『昼マック』 ・・・」

「まさか・・・?」

「はい、『夜マック』です。仕事で作る時間なんてありませんから。」

「  ・・・  」

「こうショッチュウ食べていると普通は、休みの日くらいは見たくもないと思うんですが、イヤだと思っていても、どこにいても『マック』の看板に反応しちゃうんですよ。条件反射って怖いですね。」


f0065199_1332031.jpgおいおい、若者よ!手作りしてくれる彼女お作りよ。
家庭料理食べようよ。それでないと、これからの日本を きみ達に託せないよ。

と言いつつ、月見バーガーの時だけは、販売期間中に2回は足を運びたくなるスキカルでした。(今期終了)
写真は「焙煎ごまえびフィレオ」だそうな。。。
[PR]
by sukikaru-cut | 2006-09-29 23:57 | その他

クレーム係 第1話




私の勤めるリサイクルショップではネット販売もしている。
日本全国から注文を頂くので、運送会社とのお付き合いは絶対不可欠。

ただ、ウチの商品は運送会社に嫌がられる。
どうしても中古の品ということで「一点もの」が多いからだ。

万一破損があると、修理や新品で対応できる品ばかりではない。

その上、普通の宅配の範囲内では扱わないような大きな商品まで扱ってもらっていて、契約の運送会社さんには 本当にお世話になっている。


輸送中の事故はいくら気をつけていても起こってしまうことはある。

そんな時の為に品物には保険が掛けられるし、運送会社には「クレーム担当」がいる。

でもクレーム担当って本当に大変な仕事だと思う。人間ができてなければ対応なんてできないよなぁ、と思う。(私には無理・・・)
自分がやったわけでもない事故で、頭を下げるのだ。会社の顔として、クレームに対応する。

精神衛生上絶対ヤバイ仕事だよな~と 心から同情するし、頑張っている人は尊敬しちゃう。

実際、私がここに勤めだしてから、5~6年の間に何人の人が変ったことか。
いや辞めたことか… (もちろんウチのクレームだけではないよ!)

先日もクレーム処理の件で、担当者が来店した。(歴代担当で来店しての打合わせをするのは彼が初めて。なかなか見込みアリ!)

ひと通り話を終えたので、「大変なお仕事ですね。でも、こんなに誠意的に処理してくださる担当者は初めてです。」と声をかけた。

すると・・・堰を切ったように愚痴が出た出た。



*+*+* 前任者のおはなし *+*+*


前任者はクレーム担当になってそんなに経たない内に 勤務態度が怪しくなった。

クレームの連絡が来ても、自分では話を聞かずパートの人に任せっぱなし。
一切クレーム話にはノータッチの状態がしばらく続いた。

クレームは処理できず溜まる一方。
  (実際まだウチの分の処理で済んでいない分があるらしい)






そして ある日






「オレは 労せずして 食っていける道を見つけた!」 



の捨て台詞と 山のような未処理のクレームを残して 彼は会社を去っていった
…のだそうです。


*+*+* + *+*+*


「労せずして 食っていける道」 そんなのあるんですか?
聞いてみたいものです。 「ひも」とか「ツバメ」とか?


この人の後を受けた、今の担当者さんが大変なことは明らか。
愚痴ならいつでも聞いてあげるよ。優しい優しい このスキカル姉さまが!!!

と言うことで 現クレーム担当さんのお話は この次に…。
[PR]
by sukikaru-cut | 2006-09-28 23:36 | その他




えっと、今日も昨日に続いてマミチャンの高校生時代。
そしてこれまたマラソンにまつわるエピソードです。

昨日の話でもお分かりの通り、マミチャンはやんちゃな高校生活を送っていた。

またまたマラソンの練習。

さてさて、今日はどうやってサボれるか・・・



走っていくと、数人が地面に這いつくばっているのが見えた。

「 ! 」


マミチャンは例のお仲間と そこに駆け寄ると

「コンタクト落としちゃったの?私等も一緒に探すね。」

皆で地べたを這って コンタクトを探した。



「ごめんね。手伝ってもらっちゃって。」

「いいよぉ。友達じゃん!」



時間が過ぎていく・・・

「このままいけば今日のマラソンは・・・ムフフ」 とほくそえんでいると・・・





「コラー!またおまえ等か!」


今日も 車で巡回の先生登場!



「だってぇ○○さんがコンタクトを落としちゃったから・・・」


「もういいわ!あとは俺が一緒に探すから、おまえ等はトットト行けー!」


「・・・はぁ~い」 (渋々…)



ナンダカンダト 結局この日も練習コースを走ったマミチャンたちでした。




あの子のコンタクトは見つかったか?

「さぁ、全然仲良しじゃない子だったから、見つかったか聞くのも忘れてた」
だそうです。。。
[PR]
by sukikaru-cut | 2006-09-27 23:34 | マミチャンとマミ島家
秋の雨 寒さ加速で 鍋恋し 明日おでんで あさってすき焼き (ちょっと見栄)


次男くんの体育大会は雨で順延。
次男くんは誰もエントリーしてくれなかった魔の400m走に仕方なく手を挙げたそうだ。
papaさんに言われていた。「200m過ぎると急に足がスローモーションのような動きになるぞ。回りから『歩いてるじゃない!』って責め立てられるし。」
ま、これも青春の1ページだ。頑張れ!実施は28日。



体育の授業つながり、青春の1ページつながりということで
今日もマミチャンの思い出ばなし。



マミチャンが通っていた高校は、南に約1kmも行けば太平洋だ。

だからマラソンコースは海に向かい、砂浜を走り学校に帰ってくるもの。

“ザ・青春”って感じ。海に向かって「バカヤロー」と叫んだか否かは不明。

タダでさえも長距離は苦手でかったるいのに、砂浜なんて尚のことシンドイ。



ある日、マラソン練習の授業中に事件が起きた

変態が出た!というのだ。

f0065199_22402183.jpgコース途中にある公衆電話ボックスの陰から突然現れ
素肌にまとったコートの前を「ホレ~」と開けたのだという。

その日はいわゆる真面目な女子生徒の数人が生の性教育被害にあった。



そうなれば、もう次の体育の授業が楽しみで楽しみでしょうがないのがご存知「マミチャンとその仲間たち」。
キャーキャー言うから変態も嬉しくなっちゃうんだから、そうじゃなくて、どうやってこけおろそうか、、、などと相談しているだけでワクワクした。



そして、いよいよお待ち兼ねの体育の授業。

マミチャンは友達とツルんで走った。なかなか変態が出てこないので、わざと集団から離れるように電話ボックス付近をゆっくりと・・・

友達が一緒だと怖さも感じない。

と、そこに



「おまえ等何やってるだぁああ!」


一瞬「おっ!」と小躍りして振り向いたら・・・








学校の先生だった。(ガックシ・・・)

マミチャンたちは 変態から生徒を守るべく、車で巡回していた先生に大目玉を食らった。




結局、変態さんの「モノ」にケチを付けられもせず、逆に先生に怒られたマミチャンのまとめ。

「結局、ああいう目にあうのは真面目な子なんだよね。
 私等みたいな奴等は結局ダメってこと。
 やっぱ何ごとにも真面目じゃなきゃイカンだね~。」
(しみじみ・・・)


しみじみするんじゃなーい!!!(怒&笑)
[PR]
by sukikaru-cut | 2006-09-26 23:35 | マミチャンとマミ島家



今日はお墓参りに行ってきました。

お寺の掲示板。今月のご住職のお言葉です。
f0065199_036170.jpg

胸に手を置き、よ~く反省。

そんな時 ちょうどマミチャンからの電話。

読んで聞かせる。


「自分のことはちゃんと判断できんで、
       お互いのことを採点して、どうかねぇ?」



「なんだか私ら姉妹、イケてるんじゃない?!」


「やっぱりぃ!私もそう思っただよ。」



そして・・・    = 大 爆 笑 =

More … スキカル姉妹になる「かきくけこ」
[PR]
by sukikaru-cut | 2006-09-24 23:54 | スキカルさんちのこと
夜の風 すっかり秋の 冷え込みで 近くなるなる トイレの間隔



秋の特番みたいな番組多かったですね、今日。
その中にTBS系で「ドッキリ」があったみたいですね。新聞のテレビ欄で見ただけですけど。

どっきり・・・かぁ。

若い頃やりませんでした?

例えばお泊り旅行の時、1人がビデオ持って、もう1人がリポーターで別の友達の「寝起き」を襲ったりとか。



これはマミチャンがお勤めしていた頃、そう、ずっとずっと昔のお話。

マミチャンにはいつも一緒に悪ふざけする仲間がいた。(ここにも登場済み)

ひょんなことから、上司にドッキリを仕掛けようということになった。

ストーリーは、「マミチャンが会社を辞める」と告げに行き、ビックリして引き止めようと焦る上司の前に「ドッキリでした!!」と書かれた紙を持って、悪仲間が現れる。というもの。

そして昼休み。決行の時!!

マミチャンは自分のデスクで書き物をしている上司のところに行った。

精一杯の演技で、笑わないように切り出す。

「すみません。今月末で会社を辞めさせて頂きたいのですが・・・」






上司  「あ、はい。わかりました。」 (アッサリ)



マミチャン心の声「え゛ー!!それだけかよ。」
 「『あ、はい』って、どういうこと?! 早く「ドッキリ」入ってきて!!」



しかし、悪仲間は入ってこない。
振り向くと笑いながら遠くに逃げ去っていく後姿が・・・



マミチャンは、「と言うのはジョーダンで、今友達と『ドッキリ』を・・・」

上司に悪戦苦闘で、その場をなんとか煙に巻き・・・とにかく大変だったそうな。

マミチャン、あんたは会社に何しに行ッとるん?

姉はため息しか出ません。

妹は『ドッキリ』娘。弟はコレでしょ。
姉の私は何したらこの子達と同レベルになれるのかしら。

考えてみたら、この『ドッキリ』で一番ドッキリしたのは、仕掛けたつもりのマミチャンだったのかも☆
[PR]
by sukikaru-cut | 2006-09-23 23:58 | マミチャンとマミ島家

行こか やめよか

papaの顔 見てる時より チョー長い ウェブの友を せっせと訪問(反省)



f0065199_22531464.jpg先日お知らせしたように次男くんはコンビニでアルバイト。
5回勤務。

デザート系充実のコンビニで
ソフトクリームやパフェを作って提供している。

そこが親としては心配だったところ。品出しとレジだけではないなんて大丈夫?!って。


勤務4回目でソフトクリームに初チャレンジ。4時間で3ヶの失敗。
f0065199_22575964.jpg
まだ初めてなので個人でのお買い上げではないらしい。

だったら、だったら、彼がお勤めの日は店の裏で待機していたい!!

と思っていたら、2回目の時にはすでに失敗作が0(ゼロ)だったと胸を張って帰宅した。

f0065199_2303923.jpgあの・・・次回新しいメニューにチャレンジする日はいつでしょうか?

食事を控えめにして、駐車場の隅で、待ってますから。

More … お・ね・が・い☆
[PR]
by sukikaru-cut | 2006-09-22 23:24 | スキカルさんちのこと

田舎的わがまま

オモロイと 思い込んでは ネタを書き 突っ込まれもせず ドン引かれ



今日の急ぎの郵便物があり、投函するため外出した午後2時頃の写真。
近くの郵便局。
f0065199_22565061.jpg
車用スペースに停まるチャリと、駐車スペース前方に車1台分空かせて停まる軽トラ


先客は腰がもうすぐ90度は曲がろうかという農家のおじいちゃんと

それはそれは小柄(148cmの私が明らかに見下ろす身長)でいかにも働き者風の 
こちらもかなりご高齢のおばあちゃん。

はっきり言って、どっちが軽トラでどっちがチャリでもちょっと怖い。

そして、こんなわがまま駐車がまかり通る。

ってか、すでに車間距離とか わからなくてこんな停め方?

サイドブレーキ引き忘れてて、勝手に車がバックしてるとか?



さて、おばあちゃんが先にお帰りだ。どっちがおばあちゃんの乗り物かなぁ。

えーー!小柄なおばあちゃんが軽トラです。

あれでは前は見えてないでしょ?!

だからなのね。安全のために十分距離をとって・・・さすが・・・

って、全然安全じゃないじゃん!!頼みます。次回は免許をご返納を!!
[PR]
by sukikaru-cut | 2006-09-21 23:06 | その他

飛んで?に入る秋の虫

ありえない ことが起こって ほくそえむ PCの前 ブログにカキコ




今日の夕食はは野菜たっぷりの焼きそば。

「麺はどこ?って言われそう。これじゃあ肉野菜炒めちょっと麺入りじゃん」

なんて一人でニシャニシャしながら調理。

あとは先にあげ焼きしてある麺を入れて、まぜま~ぜ。



と思ったその時!!!


私の目の前を黒い物体が横切った。




かと思うと それは完成間近の焼きそばの中に!!





f0065199_23272087.jpg


夕食の支度前に 隣の部屋の壁に居たゴキゴキ。

殺虫剤が遠くて うまく掛かったのか掛からなかったのか

よろよろと家具の隅に隠れてしまった。

その時、ちゃんと最期を見届けたかったものの、papaさんが帰宅したので慌てて夕食の支度を始めたのだ。


そして決行されたゴキゴキの逆襲だった。


彼は私たちに最大の打撃を与え、フライパンの中、焼きそばの上で息絶えた。


あ、ありえない・・・


これだけベルサイユ宮殿のように広いこのキッチンの、たった直径26cmのフライパンを  どうして、、、どうして選んで飛んできたの?!

食べ物の恨みは恐ろしいのよ!

More … その後 …
[PR]
by sukikaru-cut | 2006-09-20 23:04 | スキカルさんちのこと
1ポチで 明日も書ける バカばなし byスキカル 



実は先週から次男くんがアルバイトに行き始めた。
受験生ではあるが、学科試験は受けないらしい。(←どないな学校やネン!)

そこで、自動車免許も取りたい、服も欲しい(今までは部活のジャージだけあればOK)、どうせなら接客で面接対策も兼ねて、と近くのコンビニに行き始めたのだ。

今はまだ行く度に新しいことを説明されてパニック状態らしいが、それも勉強。

で、3回目のバイトを終え帰宅した時の感想。
この日はレジを教えて頂いた次男くん。
「レジ、ド大変!だってお客さんの年齢なんて判らないし・・・パッと浮かばんだよ。特におばさんってビミョ~だよねぇ。チョ→難しい!!」

あぁ、聞いたことがある。レジをする時にお客様の年齢層を打ち込むと。
いわゆる現場で得られる貴重なデーターですよね。
ということは、、、きっとどこのコンビにも同じシステムはあるんでしょ?
イヤ~ン!

じゃあ、、、いつも私はいったい何歳の年齢層で
入力されているのかしら?
おせーて、おせーて!!!私って何歳なの?


たぶん次男くんは、精神年齢18歳、見た目若作りだけどオバサン体型、脳年齢60歳、体力年齢75歳からかもし出される、実年齢44歳の女性、そう私が基準になっているでしょうから、他の子よりも余計に混乱はするかも・・・

どうせなら次男くんのために、年齢層キーではなく、もっと感性に任せた単純な分類にしたらどうでしょうか?

例えば、おじいちゃん・おばあちゃん/おじさん・おばさん/兄さん・姉さん/・・・
そのあとに、イケテル/普通/つきあってみたい/ナシでしょう・・・を選ぶ。

だめ?この中なら「おばさん」に分類されても文句ないんですけど。
 
 
[PR]
by sukikaru-cut | 2006-09-20 18:57 | スキカルさんちのこと