実話!ノンフィクション!! 身近に起こった笑える出来事暴露中。コメント大歓迎!!!


by sukikaru-cut
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

初体験 《実践編》

この話しは先にUPした《プロローグ》から読んでね。


友達のリクエストにお応えして

160cmの棒術用の棒を飛び越えたはずのKKの姿が

消えた。

とっくに着地して、カッコ良くポーズ決めてていいはずのKKが

そこにはいない。


見上げると、、、

棒がケツに刺さり、

棒にケツが刺さり、

棒の先っちょでフリーズしている空中KKの姿がそこにあった。

もしかしたらそれは一瞬の出来事だったのかもしれない。

しかし、みんなの目には空中KKの姿がしっかりと焼きついた。


その内、ドタッ!と落ちてきたKK。

KKは息も詰まりうずくまっていた。

心配し取り囲んだ友達たち。

必死に起き上がり、ケツを押さえ、無言で

KKは体育館の外に飛び出していった。


そして約20分後、KKは心配しているみんなが待つ体育館に

小股でチョコチョコ戻って来た。


「病院行った方がいいら?」

「行かねーし。ゼッタイ行かねーし!」

KKはそう言うと健気に体育の授業に参加した。


ところが、自分がどんなに手抜きをしようとも、

みんなが飛んだり跳ねたりする振動すらアソコに響くようで、

気付くと再びKKはうずくまっていた。


「KK、大丈夫?!」

「もう~、見せてみぃ!!」

KKのケツを優し~くじっくりみんなで観察した。



つづく

明日完結編書きます。
[PR]
# by sukikaru-cut | 2008-06-18 23:59 | その他の友達・知人

初体験 《プロローグ》

おはようございます。
ご無沙汰してます。久々の投稿です。

日々のなんでもない様子はこちらでご覧頂けます。
→ 茶ーミーグリーンな生活
静岡西部地域中心の超ローカルなサイトで日記は毎日更新中です。


さて、大学2年生になったU君の同級生に「KK」なる人物が居る。
マミチャンに言わすと
「ゼーッタイお姉ちゃん好みだに!イ~イ男だよ。」

U君達は今体育で「中国武術」を中国人の先生から学んでいる。
その中でも今は「棒術」
160cmの細い棒を振り回しているらしい。

授業が始まる前のこと。
KKはかっこいいだけじゃくて運動神経もバツグン!

その160cmの棒術用の棒を立てて友達に持たせると、
軽々とその上を跳び箱を飛ぶような格好で飛び越えた。

「スゲー、KK!!カッコイー!!」

「こんくらいならUにもできるよ。」

「無理無理無理、ムリ!」

「そうかなぁ。軽いと思うけど。」

「もう1回見せてやぁ!」

そういうと、KKはもう一度やってくれた。。。


つづく

仕事行ってきます。
[PR]
# by sukikaru-cut | 2008-06-13 09:29 | マミチャンとマミ島家

アパートに女の子?!

まみちゃんちの長男U君は大学2年生。

静岡のとあるちょっと(かなり)古いアパートにお世話になっている。

U君は人当たりがよく、年配の人とも気軽に話す。

だから大家さんにも可愛がられているようだ。

先日も顔を合わせた時に大家さんが声を掛けてきた。


「こんなボロアパートに居てくれてありがとね。」

U君の住んでるアパートは共同トイレに共同風呂。

その分とても安いんだけど、
今時の子には耐えられない環境で空き部屋が出ているらしい。

「この間からね、ここに住まわせて欲しいって女の子が
 何回も箱菓子持って訪ねてくるの。
 でもウチは今までずっと男の子だけだったし・・・
 あんまり熱心なんで困ってるのよ。」

「いいじゃないっすか!女の子にも入ってもらいましょうよ!
 できたら可愛い子だと尚いいんだけど。」

「そうかしらねぇ。」

「で、どんな子だったんですか?」

「43歳で・・・」




「あの、、、
 43歳って『女の子』って言わないっすよ。。。
 それじゃあウチの母親と一緒じゃないですか。」


U君、残念でした!!
[PR]
# by sukikaru-cut | 2008-05-26 02:48 | マミチャンとマミ島家

永遠のシークレット

昨日仕事が休みで、携帯をポチポチ触っていると こんな画面が出てきた。

f0065199_125497.jpg


この携帯を使って2年以上。

通話とメールができればそれでいい私。

取説なんて読んでない。

きっと便利な機能はあるんだろうなと思いつつ。

でアドレス帳への登録を「シークレット」に出来るなんて知らなかった。

「シークレット」って、こんな私でも「秘密」がもてるってこと。

ちょっとワクワクするじゃん。

どうやって使うんだろう、とりあえずやってみようと

適当な所で「シークレット登録」をONにした。

もう1度アドレス帳をあらたに開けてみる。

確かにその人の名がアドレス帳から消えている。

ウフッ。チョットいい感じ。

じゃあ電話をするとしたら、どうすればいいのかなぁ。

メールは・・・

え・・・

出し方がわかんないよ~!

取説、何処にしまったっけ?

ゲ~!008.gif

その人のデータの呼び出し方が、全く分からない。

このままだと永遠のシークレットじゃん。。。

でも、ま、いいか。

今後その人から電話が掛かってきたりメールが来た時に対処しよーっと。

やっぱり慣れない事はするもんじゃないね。

よく使う人のじゃなくてよかったよ。042.gif
[PR]
# by sukikaru-cut | 2008-05-14 12:20 | スキカルさんちのこと
お店の社長の奥様が、それはそれは可愛らしい方。
いつも忙しく動き回り、あれやこれやと細かく指示する社長を
のらりくらりと上手にかわす。

お客様がいらっしゃらない時は店内にプチプチを潰す音が響き渡る。


先日奥様のとある別の癖を発見した。



親子2代でご利用いただいているお客様のこと。

最近息子さんがご来店されない。

「息子さん元気?子供さんは今何人居るの?」

「それがねぇ、もう4人いるだよ。結婚4年で。」

「日本のためにいいことじゃん。」

そう明るく対応し、気持ちよくお客様をお送りした。


そしてこのお客様がお帰りになった後、私たちの方に向かって

「このままいったら、きっとあの息子さんち 

 子供20人くらいになっちゃうじゃん!

 まだ若いだもん!!すごいねぇ~!!」


そんな事をチョー真顔でおっしゃった。

息子さんはたぶん今23歳24歳。

まぁ、年齢的にありえなくはないけど、、、

でも、「すごいねぇ」なんて言わなくても 普通無理だから、、、

そんな真剣に心配しなくても。。。ねぇ。。。



そしてこの間は、ウチの前の海岸で取れる「ハタミ貝」の話になった。

「それってどんな貝なの?」

「去年頂いたのは幅が8cmくらいありましたよ。

 だから食べでがあるので魚焼きグリルで焼いて

 ちょっとお醤油を垂らして食べたら、チョー美味しいですよ!」

少しの間の後、これまた心配げな表情で奥さんはこう言った。

「やだぁ。味噌汁に入れたら1個しかお椀に盛れんねぇ。」

「いや、、、別に1個じゃなくても。

 それに味噌汁には小さめのものから使ったりするし。。。」


ちなみに・・・
f0065199_849290.jpg

これで4粒入り



そう!奥さんは人の話を勝手にアタマの中で大きく膨らませて膨らませて

最後の妄想の結論のみをポンと仰る。

だから、とっても突拍子も無い発想に思える。

この大げさな解釈は、彼女の特性なのか、年齢的な「おばさま」の特性なのかは

まだ観察中である。
[PR]
# by sukikaru-cut | 2008-05-09 09:01 | その他の友達・知人