実話!ノンフィクション!! 身近に起こった笑える出来事暴露中。コメント大歓迎!!!


by sukikaru-cut
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

長男の誕生日

今日は長男の誕生日。

22歳になりました。

ブログに書こうと思って長男の母子手帳を引っ張り出して見ていると

悲しい事実を突きつけられました。

24歳の私。

長男を出産直前の体重・・・

今の私と同じです。

今からでも何かを産み落としたーーーい!!


f0065199_95422.jpg

[PR]
# by sukikaru-cut | 2008-04-22 09:06 | スキカルさんちのこと

抜き打ちテスト

そうそう、まずはご報告。

K実、何とか高校3年生になりました。

ご心配下さっていた皆様、ありがとうございます。


さて、K実はお兄ちゃんのU君が大好きっ!

U君がたまに帰省するとU君の部屋でベッドの下に布団を敷いて寝る。

とある帰省のとき、U君はこんな風に手を出してK実に聞いた。

f0065199_8222965.gif


「これ知ってるか?」

「あん、てっぽう!」

K実は明るく当然みたいな言い方で答えた。

「ばか、違うわ!」

「えぇ?ヒントは?」

「フ」

「フ、フ、フ・・・

 あっ!フ・ビョンホンだ!」

「 ・ ・ ・ 」
[PR]
# by sukikaru-cut | 2008-04-21 23:59 | K実伝説

チラシ

先週の事。

マミチャンの勤め先のお店は新聞広告を入れてあり
お客様でてんてこ舞いしていた。

お客様が多ければ当然店内の品がドンドン減る。

補充したくてもお客様が多くてままならない。

年度替りで、アルバイトの子達もまだまだ戦力になる子が少ない。

そんな状態の中、お店の敷地内にある子会社の社長が店内に入って来た。

この方お店の常務の旦那様。

それを見つけたマネージャーが声を掛けた。

「社長手伝ってって!」

「そんなことしてる暇なんかないわ!オレだってチラシで忙しいだで!!」

「えっ!うっそ~!!
 ありがとうございます。
 何?!みんな頑張ってるもんで振舞ってくれるの?!」



「???

 チラシって寿司じゃないわ!
 コ・ウ・コ・ク!!
 次の広告の準備してるの!!」

f0065199_3121384.jpg

[PR]
# by sukikaru-cut | 2008-04-20 03:20 | その他の友達・知人
異臭騒ぎの一部始終を主任に話し、少し気が晴れた私に翌日嬉しいお言葉が。

主任が異臭騒ぎの時の事をご主人に話したら

「オレ、スキカルさんに惚れちゃうなぁ~。
 スキカルさんにちゃんとそう伝えといてよ。」 と言う伝言を承ってきたそうな。

「ありがとうございますぅ。
 ご主人にこのスキカル、しかと伺いました、とお伝え下さい。」


****************************



と言う話を例によってマミチャンに報告した。

私「ほんとは『アタイに惚れると痛い目みるよ』って言いたかったんだけどサァ」

マミ「おねえちゃん、それ言うなら 『アタイに惚れるとヤケドするよ』 だに!」

姉「そうかぁ。言い馴れんもんで間違っちゃうとこだった。よかったぁ。」

妹「アタイに惚れるとヤケドするよ!チャッカマン レーッド!!

姉「チャッカマン  ピーンク! ボッ!!」

妹「チャッカマン イエロー!

姉「チャッカマン ブルー! ボッ!ボ!!」

妹「チャッカマン グリーン!! ボォ~!」

姉「武器はどんなのがいいかね。」

妹「そりゃあ、手にはチャッカマン持ってぇ。。。」


本人達すっかりチャッカマンになりきって、
ゲタゲタ笑いながら電話越しに大盛り上がり。


姉・・・46歳
妹・・・42歳

日本の将来はどうなる。。。

f0065199_304757.jpg

[PR]
# by sukikaru-cut | 2008-04-19 23:59 | スキカルさんちのこと
先日会社でイヤな事があった。
社長が防犯用のスプレーをそれと知らずに店内で噴射させ異臭騒ぎとなった。
咳き込むお客様に店内員。
全員一旦外に避難しようということになった。

が、

その噴霧を店の入り口付近でしたため中に入れず
外から「一旦店から出てください」との声掛けのみ。

専務をはじめ店内にいた従業員も別の出入り口から外に出た。
私が従業員の列の最後尾だった。

その時だ。
家電コーナーに家族連れのお客様がまだいらっしゃるのに気付いた。

そう外国人のお客様だ。
それに気付いて私はゆっくりの日本語とジェスチャーで外に出るように促した。

一パート社員の私が店内最後の人間だった。

それが私はブチ怒れた。


*******************************



気持ちが治まらない私は 翌日専務の妹さんである主任に
事の一部始終を話した。(主任は異臭事件の日はお休みだったので)

「まずはお客様第一だし!!
 もしあれがサリンだったら、私が死んでますから!!」

「ごめんね~。言っとくでね、非常時の管理はちゃんとしないとね。」

主任はそう言ってくれて、ちょっと気が落ち着いた。

f0065199_10151455.jpg



つづく
[PR]
# by sukikaru-cut | 2008-04-13 10:20 | スキカルさんちのこと