実話!ノンフィクション!! 身近に起こった笑える出来事暴露中。コメント大歓迎!!!


by sukikaru-cut
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

九九(part1)

晴れはやっぱり嬉しいっ!!→人気blogランキングへ


小学校2年生の算数と言えば・・・タイトルの通り「九九」がある。

自分の頃はどうだったか記憶に無いが、
今は覚えやすい「5の段」次に「2の段」という順に学習する。

「九九」が始まると、前述の「本読みカード」の表に「九九」の欄が追加される。
毎日自宅で繰り返す事で身につけるのだ。

K実の場合・・・

f0065199_0274720.gif「九九」はお風呂タイムに暗誦するようにした。

全部の段を学習し終えた時には、「1の段」からと
「9の段」からと
2通り声に出して暗誦していた。

・・・そして時は流れ・・・

習慣はある意味恐ろしい。そしてある意味、ご立派だ。

K実の「九九」の暗誦は中学2年生まで続けられていた。
誰かにどの「段」を指定されても、超スピードでそれを暗誦できる。
(エッ?毎日やってなくてもその年なら誰でもできるって?…スルドイかも)
ま、悪い事ではないので、親も特別止めないまま、この年に至ったのだ。

中学2年の時なにがあったのだろう…
誰かに暗誦の事を「ありえな~い」とか「マジで?」とか
言われたんだ、きっと。

それから暗誦こそしてはいないが、
きっと湯船に肩までつかりながら、心の中で「九九」を唱えているに違いない。
高校1年になった今でも・・・

そう、それが、習慣というものだ。


ちなにみK実の「九九」沁み込み具合をわかっていただくエピソード。

近所の大勢の友達と遊んでいて鬼ごっこをすることになり、
30数えてねと言う友達に、鬼になったK実は尋ねた。f0065199_028163.gif

「1から?9から?」

友達には通じない、この短い文章の中に、
深い深い学習が表れているでしょ?!
[PR]
by sukikaru-cut | 2006-05-14 23:59 | K実伝説