実話!ノンフィクション!! 身近に起こった笑える出来事暴露中。コメント大歓迎!!!


by sukikaru-cut
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

子孫繁栄は望みません

マミチャンが、会社の新年会のくじで当たったホール067.gifケーキの半分を
バケラッタさんにあげようと連絡した。

取りに来てくれたのは三男君。

小さい時から、我が家のように出入りしている三男君は
この日も、挨拶をして何の気兼ねもなくマミチャンちに上がってきた。

K実もお兄ちゃんのU君と話しているのと変わらない感じ。
ココからはK実と三男君の会話。

「修学旅行の写真見る?」

「おっ!見る、見る!! 何処行っただ?」

「九州と大阪」

「俺等と一緒じゃん。九州のどの辺行ったの?」

「福岡とか長崎とか」

「へぇ~、最南端じゃん!」 

(マミチャンココロの声:
  はぁ~~~005.gif!どこが南じゃい!
  突っ込みたいけど、我慢、我慢。
  ココで突っ込むと更なる展開が期待できなくなっちゃうもんね044.gif
  おいおい、話が何事もなかったように進んでるよ。)


「あ、このお寺、清水寺だら!?」

(えぇええええーーーー021.gif021.gif021.gif!!
  九州って言っとろうが!!)


「え?違うよ! えっと、えっと・・・」

(行ったのはK実だろが!おまけに何回も教えてやってるだに!)

「お母さん、ここ何ていうとこだっけ?」

「太宰府天満宮022.gif033.gif002.gif

「学問の神様だでね。ちゃんと憶えといてね!!」



         **********************

マミチャンは思った。

バケラッタさんちの三男君が、たとえどんなにいい性格だろうと
K実との結婚はありえない。
K実と三男君の子孫繁栄は断固としてあってはならないと。。。
[PR]
by sukikaru-cut | 2008-01-19 23:55 | K実伝説