実話!ノンフィクション!! 身近に起こった笑える出来事暴露中。コメント大歓迎!!!


by sukikaru-cut
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ピンクはKちゃんの!!

昨日は姪のK実の高校合格に爆発的に喜びが吹き出ていましたが、
今日はなんだかシミジミしちゃってます。
「あ~ぁ、K実も大きくなったんだなぁ」って。
したら思い出しましたよ、2歳過ぎた頃のK実。
まだ言葉もアジャアジャしてるし、泣き虫だし、わがまま姫だったあの頃…


回顧録 【姪のK実 vol.2】


あれは10年以上前。

妹のマミチャンは長男のU君(4歳)と
泣き出したら誰にも止められないK実(2歳)とを連れてスーパーへ。

出掛けたときに祈るのは、K実の泣きスイッチが入りませんように。

昔だし、田舎だし、顔なじみさんのスーパーでの事。
店内に入ると、
「Kちゃんが好きなお菓子をひとつだけ持っておいで。
 U君、Kちゃんの事見ててね。U君もひとつお菓子選んでいいから。」
とU君にK実を託し、マミチャンが買い物をしていると・・・

「かあちゃんたいへん、たいへん」とU君が慌てた様子。

促されるままU君について行くと・・・


K実は床にぺったんと座り込んで、何やら作業中
その姿はまるでぽたぽたやきのおばあちゃんの様でもあったが…

ゲッ!!可愛い指がつまんでいるそれはめがね型のマーブルチョコ

「Kちゃんのピンク
 Kちゃんのピンク!」
と言いながら、ピンクだけを食べていた。




f0065199_18461940.jpg

緑や茶色は床に落とされていた。
「Kちゃん何やってるの!ダメでしょ!!」
「 ピンクはKちゃんの!!」

箱の中にある全部のめがねが犠牲になっていた。
これがコーラックなら
たいへんだ!!

いや冗談を言ってるわけにはいかない。
コーラックじゃなくても大変だ!!

U君はK実がおとなしかったので自分のお菓子選びに集中してしまったようだ。

あの時かあちゃんに怒られちゃったけど、君は悪くない。仕方ないよ…
結局当然全部お買い上げ。
他の色たちは、らくださんとU君とマミチャンに食べられたとさ…

それでも子は育つのねぇ(しみじみ)
[PR]
by sukikaru-cut | 2006-02-16 18:51 | K実伝説